診療のご案内

咬み合わせが大切な歯科医療

咬み合わせ異常・顎関節症

咬み合わせ異常は、奥歯で強く噛むことができず、どこで噛んでいいかわからなくなり、 前歯でばかり物を食べるようになります。 食事に時間がかかり、食べてもおいしくなくなります。 噛めないためイライラや疲労感がつのり、肩こり、頭痛、腰痛、ふらつきなどの症状が現れます。 治療には、筋力強化と咬み合わせの調整を行います。

顎関節症も咬み合わせ異常により起こります。顎の痛み、口を大きく開けられない、 顎からの雑音がするなどの症状が特徴です。女性に多く見られます。 治療には精密な診断と咬み合わせの調整が必要です。

顔の歪み・痛みと全身症状

顔貌の歪みが全身症状(肩こり・腰痛etc)と関係があることをごぞんじでしょうか。元来、顔はシンメトリー(左右対称)になっていないと言われますが、顔に痛み(鈍痛)をともなうと顔貌の変形が生じます。咬み合わせを正しく咬合調整すると歪みや全身の不定愁訴(肩こり・腰痛etc)が改善されます。

咬み合わせ調整の大切さ

髪の毛1本でも、口の中にあることに気づく敏感な口腔内、1本の歯が不快感を作り、イライラ、不眠症を作ります。

以下のような症状も咬み合わせ治療で改善いたします。

歯周病

よく磨いているのに、歯がグラグラしている。
よく磨いているのに、口臭がある。
歯がしみる。

ブリッジやクラウン(補綴物)

補綴物をセットしたが、もうひとつしっくりせずよく噛めない。
セットした補綴物がグラグラしてきた。
食べた物が歯と歯の間につまりやすい。

入れ歯

強く噛めるが、浮き上がってくる。
お話しをすると、入れ歯が動く。
上の入れ歯が落ちてくる。

入れ歯

発音・発声がしっかりし、ちゃんとお話しできる入れ歯を作製いたします。

バネの見えないノンクラスプデンチャー

バネを歯肉と同じ色にした義歯です。
ほとんど調整なしでセットできます。汚れがつきにくく、臭く
なりません。患者様の満足度が高く、特に女性に好評です。

ノンクラスプデンチャー

味覚が蘇る入れ歯

入れ歯を入れたことにより、味覚が減少することがあります。金属床をメッシュにして内部の通気性を良くすることで、味覚が戻ってきます。

総義歯インプラント

歯槽骨にインプラントを埋入し、総義歯と結合させます。自分の歯のように噛める入れ歯です。

総義歯インプラント

インプラント

歯の抜けた場所に人工の歯根を埋め込んで顎の骨に固定した後、人工の歯を上から装着する治療がインプラント治療です。

自分の歯のように自然な感覚で違和感がなく、噛む力や味覚の低下が生じません。健全歯によけいな負担をかけることもなく、審美的にも良好な外見です。
当院のインプラントは、抜歯後の欠損部に人工歯根を埋入し、2ヶ月後には
上部構造(歯冠部)を装着し短期間で完了いたします

インプラント

同時に咬み合わせの調整も行い、咬み合わせ異常による肩こり・腰痛が治ります。
手術は1回で済み、術後の腫れや痛みもありません
HAコーティングにより骨との結合が強力で、長期に維持されます
また、長く良い状態を保つためには、正しい清掃習慣と定期健診が大切になります。

花粉症

花粉症は毎年3月・10月がピークです。この花粉症も、お薬を使用せず、歯科医療で治る人が多数います。

診療科目

一般歯科、歯周病治療、顎関節症、咬み合わせ治療、インプラント、スポーツ歯科、口臭治療、金属アレルギー治療、いびき治療、味覚異常の治療、歯のトリートメント、訪問歯科診療、睡眠時無呼吸症候群の治療、花粉症

歯ぎしり

さまざまな障害を引き起こす歯ぎしりのお話
精神的なストレスによって起こる歯ぎしりと、咬み合わせが悪いため筋肉にストレスがたまり起こる歯ぎしりがあります。この歯ぎしりによる過剰な力が歯にかかることによって歯周病やむし歯が生じ、進行すると体の痛みや全身に不快な症状が起こります。自分では気付かず就寝時に起きている歯ぎしりを治すことが健康の第1歩になると思います。